沖縄大学の偏差値・センター得点率ボーダーと進路実績【2019-2020年最新版】

大学受験における沖縄大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率ボーダー、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。卒業生の進路実績や沖縄大学に進学する生徒の多い高校なども掲載しています。志望校を選ぶのに悩んでいる高校生や保護者様は参考にしてみてください。

沖縄大学の偏差値と大学ランク

沖縄大学の偏差値
1226
35.0 ~ BF
大学入試難易度ランク
1305
F ~ 超簡単

沖縄大学で偏差値の一番高い人文の偏差値は「35.0」で、偏差値の一番低い人文の偏差値は「BF」です。大学入試難易度ランクは「F」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では超簡単クラスに位置する大学と言えるでしょう。

沖縄大学の学部別偏差値

一般入試における沖縄大学の偏差値を学部別に掲載しています。

偏差値ランク学部学科-方式
35.0F健康栄養管理栄養前期
35.0F法経法経前期
35.0F人文こども文化前期
35.0F人文健康スポ前期学力
35.0F人文社会福祉前期
35.0F人文国際コミュ前期
BF-人文健康スポ前期実技

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

沖縄大学の学部別センター得点率

センター利用入試における沖縄大学のセンター試験得点率ボーダーを学部別に掲載しています。

得点率学部学科方式
57%健康栄養管理栄養-セ-
56%人文こども文化-セ-
53%法経法経-セ-
44%人文国際コミュ-セ-
44%人文社会福祉-セ-
41%人文健康スポ-セ-

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

沖縄大学とランクの近い大学

沖縄大学と近い受験難易度ランクの大学を掲載しています。

ランク大学名
E室蘭工業大学/釧路公立大学/青森公立大学/宮城大学/秋田県立大学/公立小松大学/公立諏訪東京理科大学/愛知県立芸術大学/公立鳥取環境大学/福山市立大学/下関市立大学/長崎県立大学/宮崎公立大学/天使大学/東北学院大学/共愛学園前橋国際大学/文教大学/千葉商科大学/帝京平成大学/東京医療保健大学
F筑波技術大学/名桜大学/旭川大学/札幌大学/札幌学院大学/星槎道都大学/藤女子大学/北星学園大学/北海学園大学/北海道情報大学/北海道科学大学/酪農学園大学/北海道医療大学/札幌国際大学/北翔大学/北海道文教大学/稚内北星学園大学/札幌保健医療大学/青森大学/八戸工業大学
-北見工業大学/上越教育大学/兵庫教育大学/鹿屋体育大学/札幌市立大学/名寄市立大学/青森県立保健大学/秋田公立美術大学/埼玉県立大学/山形県立米沢栄養大学/千葉県立保健医療大学/首都大学東京/神奈川県立保健福祉大学/長岡造形大学/金沢美術工芸大学/山梨県立大学/福知山公立大学/奈良県立大学/新見公立大学/山口県立大学

沖縄大学に進学する生徒の多い高校

高校名偏差値合格者数
R2R1H30
首里高校56~43-2712
知念高校46-2422
那覇国際高校59~56-2321
那覇西高校49~40-229
向陽高校58~53-199
コザ高校48-17-
北中城高校42-156
興南高校60~49-8-
北谷高校40-55
球陽高校61~56-45
北山高校48~40-37
名護商工高校40-21
松陽高校55~54-2-
岩国高校67~61-2-
南風原高校40-1-
川棚高校47~42-1-
海星高校61~43-1-
別府鶴見丘高校59-1-
八日市高校62-1-
与論高校40-1-
尾道東高校58-1-
和光高校49-1-
春日井東高校49-1-
近畿大学附属福岡高校58~41-1-
首里東高校41--24
浦添高校51--21
読谷高校47--21
豊見城高校40--18
糸満高校45--13
豊見城南高校40--12
那覇商業高校45~42--9
真和志高校40--8
嘉手納高校40--8
普天間高校54--5
与勝高校40--4
中部農林高校40--4
大島高校47--3
本部高校40--3
沖縄水産高校40--3
野々市明倫高校54--2
笛吹高校44~41--1
鹿島学園高校48~46--1
伊予高校50--1
仙台第二高校72--1
八重山商工高校40--1
宮古工業高校40--1
沖縄工業高等専門学校61--1
文徳高校61~43--1
第二高校69~59--1
横手高校62--1
小倉高校69--1
西原高校41---
陽明高校42---
石川高校40---
宮古高校54~42---
宝塚東高校41---
京都文教高校57~41---
相模田名高校43---
天理高校59~41---
杉並総合高校50---
倉敷工業高校45---
伊那弥生ヶ丘高校55---
南部農林高校40---
久米島高校40---
長崎総合科学大附高校40---
島原中央高校40---
東大阪大柏原高校42~40---
旭高校57~54---
宇都宮短大附属高校69~43---
二松學舍大学附属高校54---
所沢中央高校48---
中央学院高校58~49---
八重山農林高校40---
前原高校40---
北部農林高校40---
南部工業高校40---
那覇工業高校40---
具志川商業高校40---
宜野湾高校40---
宜野座高校40---
浦添商業高校40---
八重山高校42---
具志川高校46---
小禄高校48---
沖縄カトリック高校49---
小牧南高校56---
八代清流高校47---
玄界高校51~47---

沖縄大学卒業生の進路データ

沖縄大学の卒業生の進路データです。沖縄大学の学歴フィルターについて気になる方はこの項目を参考にしてみてください。

上場企業

企業名平均年収
丸三証券663万
南陽612万
セコム594万
ネクステージ539万
ヤマエ久野518万
青山商事490万
サンエー472万
ビケンテクノ361万

非上場企業

企業名
ALSOK 沖縄綜合警備保障、ANA沖縄空港、DIRECT CHINA、Gunners Fitness Center(ジム)、IGL学園福祉会、LIFEST JAPAN、OCS、OFFICE・RHIZOME(芸能事務所)、RIZAP、Speee、T&T、Wiz、アイ・ホーム、あいのかわ福祉会、アイリスオーヤマ、アイル・パートナーズ、アウトソーシングテクノロジー、アジア測量設計、イー・コード、いえらぶ琉球、イオン琉球、イカイ九州、エイチームコネクト、エッチ・エス・ストロング、エフ・ディ・シィ・フレンズ 4°C、オキナワ技研、オンデーズ琉球、グットトライ、ぐりーんろーど、ケーアンドイー、さくらインベスト、サニクリーン九州、ジェイ・エス・エス、シルバーサービス沖縄、シンカーミクセル、すこやか薬局、ステーション・ピー、スミリンエンタープライズ、セコムスタティック琉球、センコー、ダイキンHVACソリューション沖縄、ダイコー沖縄、トゥムヌイ福祉会、トマス技術研究所、トヨタレンタリース沖縄、ドン・キホーテ、パナソニックリビング九州、はまもと観光、パラダイスプラン、パルテールはまゆう、ピアズ、ビッグモーターグループ、プロケア、ホープ設計、ホシザキ沖縄、まつおモータース、まはろ、マルゼキ、みずほ銀行、みたのクリエイト、みなと食品沖縄、メガスポーツ、メガネ一番、リウエン商事、リウボウストア、リコージャパン、りゅうせきネットワーク会議、りゅうせき商事、レバレジーズキャリア、ロイヤルインフライトケータリング、上原自動車、与那国町役場、中城村立 中城南小学校、中部興産、九州すき家、住宅情報センター、全保連、全沖フード、共同エンジニアリング、加島事務機、北九州農業協同組合、南部地区医師会、南風原町立 南風原小学校、南風原町立 湘南小学校、名護イーテクノロジー、名護学院、名護市立 名護小学校、国際卓球、国際福祉会美さと児童園、大和住建、大浜第一病院、宜野座村立 宜野座小学校、宮脇書店、岡三証券、島袋、崎浜商店、平和病院、平安病院、御菓子御殿、愛生舘、拓南商事、日本郵便、本川牧場、東横イン、松島学童クラブ、梅田学園自動車学校、横浜労災病院、次郎工業、武蔵野、沖縄エジソン、沖縄ゼロックス、沖縄トヨタ自動車、沖縄トヨペット、沖縄ハム総合食品、沖縄ビル管理、沖縄プラント工業、沖縄ホンダ、沖縄ヤクルト、沖縄ヤマト運輸、沖縄ユーシーシーコーヒー、沖縄三菱電機販売、沖縄丸一、沖縄市立 美里小学校、沖縄市立 高原小学校、沖縄東芝、沖縄海邦銀行、沖縄港運、沖縄物産企業連合、沖縄県警察、沖縄県農業協同組合、沖縄菱電ビルシステム、沖縄製粉、沖縄食糧、沖電グローバルシステムズ、沖電企業、泡瀬北デイサービスセンター、浦添市立 浦添小学校、浦添市立 港川中学校、特別養護老人ホームさやの家、琉信ハウジング、琉球リース、琉球補聴器、生活協同組合コープおきなわ、石垣市役所、糸満市立 兼城小学校、聖徳会、複合サービス事業、西原商会、西日本フード、豊見城市役所、豊見城市立 伊良波小学校、豊見城市立 座安小学校、起産石川、那覇市立 仲井真小学校、那覇市立 銘苅小学校、金沢病院、金秀興産、鎌倉ニュージャーマン、開成、鵠生の叢

沖縄大学の基本データ

大学名沖縄大学
公式HPhttp://www.okinawa-u.ac.jp/
私/国/公私立
住所那覇市国場555番地
電話番号098-832-3270

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら