カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

資格別

新着記事

国立大学(理系)の偏差値ランキング

国立大学(理系)の偏差値ランキングを掲載した記事です。志望校を選ぶのに悩んでいる方は参考にしてみてください。

国立(理系)の偏差値ランキング

  1. 67.5
    東京都
  2. 67.5 ~ 62.5
    京都府
  3. 65.0
    東京都
  4. 62.5 ~ 60.0
    大阪府
  5. 62.5 ~ 57.5
    愛知県
  6. 62.5 ~ 55.0
    神奈川県
  7. 60.0 ~ 57.5
    宮城県
  8. 60.0 ~ 57.5
    東京都
  9. 60.0 ~ 55.0
    茨城県
  10. 60.0 ~ 52.5
    福岡県
  11. 60.0 ~ 50.0
    千葉県
  12. 60.0 ~ 50.0
    東京都
  13. 60.0 ~ 50.0
    東京都
  14. 57.5 ~ 55.0
    兵庫県
  15. 57.5 ~ 52.5
    石川県
  16. 57.5 ~ 52.5
    京都府
  17. 57.5 ~ 50.0
    奈良県
  18. 57.5 ~ 50.0
    岡山県
  19. 57.5 ~ 50.0
    広島県
  20. 57.5 ~ 47.5
    愛知県
  21. 57.5 ~ 45.0
    岩手県
  22. 55.0
    北海道
  23. 55.0
    東京都
  24. 55.0 ~ 52.5
    東京都
  25. 55.0 ~ 50.0
    埼玉県
  26. 55.0 ~ 50.0
    岐阜県
  27. 55.0 ~ 47.5
    富山県
  28. 55.0 ~ 47.5
    長野県
  29. 55.0 ~ 47.5
    三重県
  30. 55.0 ~ 45.0
    新潟県
  31. 55.0 ~ 45.0
    長崎県
  32. 52.5
    滋賀県
  33. 52.5 ~ 50.0
    愛知県
  34. 52.5 ~ 50.0
    大阪府
  35. 52.5 ~ 50.0
    福岡県
  36. 52.5 ~ 47.5
    静岡県
  37. 52.5 ~ 45.0
    愛媛県
  38. 52.5 ~ 42.5
    茨城県
  39. 52.5 ~ 42.5
    鳥取県
  40. 52.5 ~ 42.5
    宮崎県
  41. 50.0
    京都府
  42. 50.0
    奈良県
  43. 50.0
    和歌山県
  44. 50.0
    徳島県
  45. 50.0
    福岡県
  46. 50.0 ~ 47.5
    山梨県
  47. 50.0 ~ 47.5
    島根県
  48. 50.0 ~ 47.5
    熊本県
  49. 50.0 ~ 45.0
    北海道
  50. 50.0 ~ 45.0
    青森県
  51. 50.0 ~ 45.0
    宮城県
  52. 50.0 ~ 45.0
    栃木県
  53. 50.0 ~ 45.0
    香川県
  54. 50.0 ~ 45.0
    高知県
  55. 50.0 ~ 42.5
    山口県
  56. 50.0 ~ 40.0
    鹿児島県
  57. 47.5
    北海道
  58. 47.5
    愛知県
  59. 47.5
    佐賀県
  60. 47.5 ~ 45.0
    山形県
  61. 47.5 ~ 45.0
    群馬県
  62. 47.5 ~ 45.0
    福井県
  63. 47.5 ~ 42.5
    秋田県
  64. 47.5 ~ 42.5
    徳島県
  65. 47.5 ~ 42.5
    沖縄県
  66. 45.0
    新潟県
  67. 45.0 ~ 42.5
    福島県
  68. 45.0 ~ 42.5
    大分県
  69. 42.5 ~ 37.5
    北海道
  70. 35.0
    茨城県
  71. -
    北海道
  72. -
    東京都

気になる大学を絞り込んで検索

詳細検索
都道府県
北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州
学部系統別
文系
理系
医学系
運動系
芸術系
偏差値

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら