カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

資格別

新着記事

実家暮らしの大学生におすすめの節約術!お金を貯める3つの方法

最終更新日: 2020/01/17 14:23
CCC9V9A9997_TP_V4.jpg

実家暮らしの大学生がお金を貯めるための節約術について解説しています。バイトをしているはずなのになかなかお金が貯まらない大学生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ご飯はなるべく家で食べて節約

PAK_HR0I9A2700_TP_V4.jpg

朝晩は家のご飯を食べよう

実家暮らしの大学生にとって、最も成果が目に見えやすくなおかつ楽にできるのは食費の節約です。朝晩はなるべく外で食べずに家で食事をとりましょう。家族の手伝いもしてあげると喜ばれますよ。

友人同士の飲み会など付き合いでどうしても断れない場合のみ外で食事をとり、基本的には家でご飯を食べるようにしましょう。これだけでもだいぶお金が浮くはずです。

昼も極力お弁当を持参しよう

お昼は家のご飯の余りを詰めたお弁当を持参しましょう。安いのであれば学食もありです。

食べるほどお金を取られるわけでもなければ、ご飯は家で食べるのが一番お得。保護者の方に毎日感謝ですね。

もし大学から家が近ければ、昼休みに帰宅して家のご飯をいただくという裏ワザもあります。

節約するならコンビニやスーパーには寄らない

141115052020_TP_V4.jpg

誘惑の宝石箱……

節約したい実家暮らしの大学生にとって、コンビニやスーパーといった、細々した物やお菓子などをついつい買ってしまう場所はまさに誘惑の宝石箱。立ち寄らないようにすべきスポットと言えるでしょう。

何か必要なものがあってどうしても行くなら、余計な物は買えないように必要な分のお金だけ持っていくようにするのがおすすめです。

「買ったつもり」になってみよう

コンビニやスーパーの商品に限らず欲しいと思う物があったら、買ったあとの自分をイメージして「買ったつもり」になれると良いでしょう。

買う前はあんなに魅力的だったのに実際に買ってみてしばらくすると、なんでこんな物買っちゃったんだろう……と思った経験、ありませんか?

そんな苦い経験を思い出したり、節約して本当に買いたい物のことを思い出したりしてみると、衝動買いを抑えられやすくなりますよ。強い意志を持ちましょう。

コンビニではなく銀行のATMを使って節約

TSU1933038A8455_TP_V4.jpg

塵も積もれば山となる

実家暮らしの大学生が節約するにおいて、意外とバカにならないのがATM利用料です。月々で見ると大したことないように思えますが、年単位で見ると数千円の違いが生まれます。

無料の時間帯を狙おう

コンビニATMは基本的に利用料がかかってしまいますが、銀行ATMなら「平日18時までは無料」など時間によって無料になる店舗が多いです。お金を下ろしたり逆に入金したりする場合は、無料になる時間帯に利用するようにしましょう。

まとめ

節約はハマると意外に面白く、働かずにお金が増えたような気がして嬉しくなるものです。

ですが、自由な時間が多い大学生のうちに旅行などの様々な経験を経ておくのも大切なこと。あまり一生懸命になりすぎず、付き合いや学びも大切にしながら健全に節約を楽しみたいですね。

大学生の節約術に関する記事

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら