カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

資格別

新着記事

大学の成績証明書は就活の合否に影響する?企業が成績証明書を提出させる目的とは

3,858 Views

考えるスーツの男性

就職活動の選考段階や内定を承諾した後に、企業から大学の「成績証明書」の提出を求められることがあります。ですが、具体的に「成績証明書」とは何なのか、何のために提出するのかを知っている学生は少ないでしょう。

そこで、この記事では大学の成績証明書とは何か、発行するにはどうしたらいいのか、企業は何を見ているのかを解説しています。

就職活動中の方はもちろん、今後就職活動を控えている学生もぜひ参考にしてください。

就活に悩む大学生必見の就活イベントを紹介!
MeetsCompany

就活に悩む大学生におすすめ!MeetsCompany

【Meets Companyのここがすごい】
1. 企業8社と一度に選考が可能
2.座談会形式なので、説明会で聞けない話が聞ける
3.選考直結型なので、話を聞いて終わりではなく、1次面接などを省ける

MeetsCompanyで有料企業と就活マッチ!

大学の成績証明書とは

書類を見る女性

大学の成績証明書は文字通り、学生が大学在籍中に履修し、単位を取得した科目や実験、実習などの成績を表示し、それを大学として明示するものです。ですので、落としてしまった科目は成績証明書には記載されません

成績証明書の中身

大学の成績証明書には基本的に、

  • 名前
  • 学部・学科名
  • 学生証番号
  • 生年月日
  • 入学月日
  • 科目・実験・自習名
  • 科目・実験・実習の取得年度
  • 科目・実験・実習の成績
  • 総取得単位数

などが記載されています。大学を卒業後に成績証明書を発行する場合には、卒業月日も加えられています。

大学の成績証明書の発行方法

成績証明書の発行方法は在学中の場合と卒業後の場合で異なる大学が多いです。

在学中の場合

在学中に大学の成績証明書を発行する場合、大学にある自動証明書発行機で発行する方法と直接窓口に行って発行する方法の2つがあります。

自動証明書発行機は、素早く、自分1人で証明書の発行の手続きができるため、とても便利です。自動証明書発行機がない大学は、直接窓口に行き証明書の発行をお願いします。どちらの方法も、在学生は成績証明書を即日発行してくれる大学が多いです。

また大学によっては、上記の2つの方法のように大学に行かずとも、オンラインで申請し、コンビニのコピー機で証明書を発行できるシステムもあるので、自分の大学の発行方法を確認してみてください。

※ただし外務省に提出する場合、コンビニで発行した証明書は対応不可なので注意してください

卒業後の場合

卒業後に大学の成績証明書を発行する場合、直接窓口に行って発行する方法と大学に成績証明書を郵送しても方法の2つがあります。

在学中の場合と異なり、卒業生が成績証明書を発行する場合は即日で出来る場合は少ないです。多くの大学では、卒業生の成績証明書の発行に3~7日かかっています。そして、いずれの方法も、身分証明書や改姓した場合は戸籍謄本が必要になります。

また、卒業後の場合、忙しさゆえ代理人に成績証明書の発行を頼む場合も多いです。そのような場合は、発行する当人の身分証明書や戸籍謄本に加え、委任状と代理人の身分証明書も必要になります。

大学の成績証明書の使用目的

悩むスーツの女性

大学の成績証明書は、就職活動のみならず転職活動の際も使われます。採用する側の企業が成績証明書を提出させる理由は、

  • 履歴書と成績証明書との齟齬を確認
  • 人物像を把握
  • 卒業できるかの確認

の3つをするためです。

履歴書と成績証明書との齟齬の確認

大学の成績証明書の1つ目の使用目的が、企業に提出された履歴書と成績証明書に齟齬がないかを確かめるためです。

履歴書では、大学では何を学んだか、誰のどんなゼミに在籍しているかなど、多くの場面で学業について記述します。しかし、履歴書は嘘も書けてしまうため、企業が履歴書の記載内容が嘘か真かを判断することは難しいのです。

そのため、企業は成績証明書の提出をお願いし、それを用いて履歴書の記載に齟齬があるか否かを確認します。

人物像を把握

大学の成績証明書の2つ目の使用目的が、企業が人物像を把握するためです。

大学の成績証明書では、提出した人物がどんな分野に興味を抱いていたか、どんな分野が得意・不得意なのかなど、履歴書よりも客観的なデータに基づき人物像を把握することができます。

企業は、大学の成績証明書に基づいた人物像が自社が求めている人物や社風とマッチングしているのかを確かめるのです。

卒業できるかの確認

大学の成績証明書の3つ目の使用目的が、卒業できるか否かを確認するためです。これは、大学に在学中の学生を対象に行われています。

何度も選考をし、ようやく内定を出したいと思える学生が現れたとしても、その学生が卒業単位が足りずに留年し企業が希望する年度に入社することができなければ、内定は出せません。

また、取得単位を考慮せずに内定を出すと後々取り消される可能性があるので、企業にとってはリスキーです。

留年し内定を取り消されてしまうリスクを減らすためにも、企業は成績証明書の提出を要求しているのです。

まとめ

以上、「大学の成績証明書って何?記載内容や発行方法、企業の目的を徹底解説!」でした。

大学の成績証明書に記載されている内容や発行方法、企業がなぜ提出させるのかをご理解いただけたいと思います。

この記事が、成績証明書関連でお困りの学生の手助けになれば幸いです。

大学に関するその他の情報

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら