毎朝会社に行きたくない......涙が出るほど悩むあなたに伝えたい3つの解消方法

1,611 Views

労働者の約60%が強いストレスを感じながら働いている昨今。毎朝「会社に行きたくない」と涙が出るほど悩む人も少なくはありません。この記事では、「会社に行きたくない」と悩むあなたに伝えたい課題の解決方法を3つ紹介させていただきます。

多くの人に共通する会社に行きたくない理由

仕事に行きたくない時のアイキャッチ画像1

 「厚生労働省 平成30年 労働安全衛生調査 」によると、仕事や職業生活に関する強いストレスの原因は「仕事の質・量」「対人関係」「仕事の失敗、責任の発生など」が主な原因となっています。

会社に行きたくない理由も大雑把に分類すると上記の3つに分類できるでしょう。

仕事の質・量に関する悩み

ハイクオリティを要求される仕事がとうてい業務時間内には追われない量与えられる。いわゆるブラックな労働は、会社に行きたくない理由として少なくはないでしょう。

上記の調査でも、59.4%の方が強いストレスの内容としてチェックしています

残業代が出るならまだしも、働き方改革によって残業自体を減らす動きも並行して進んでいるため、仕事のクオリティ・量を変化させずに労働時間だけ減らせという無茶振りも......。

それによってサービス残業が横行してる職場となると、目も当てられません。

対人関係に関する悩み

セクハラ・パワハラを含む対人関係の悩みが会社に行きたくない理由の人ももちろいるでしょう。「すべての悩みは人間関係の悩み」と話す心理学者もいるくらい、対人関係の悩みは根深いものです。

上記の調査でも、31.3%の方が強いストレスの内容としてチェックしています

「風通しの良い社風」などという抽象的な文言に惹かれる人が増えるのは、風通しの悪い会社が多く存在するから。

言いたいことが言えない環境での仕事は非常にストレスフルですよね。

仕事の失敗、責任の発生に関する悩み

仕事の失敗、責任の発生に関する悩みも会社に行きたくない理由の一つです。責任感の強い人ほど、仕事で失敗した後は会社に行きにくい気持ちになりやすいでしょう。

上記の調査でも、 34.0%の方が強いストレスの内容としてチェックしています

また、この項目は10代~20代の若者に多く、チャレンジした結果の失敗や新しく与えられた役割に対するプレッシャーでストレスを感じているようです。

10代や20代の若手社員にとって、仕事の失敗が全て自分の責任に添加する事は恐怖以外の何者でもありません。

会社に行きたくない悩みを解決する方法

「会社に行きたくない」という悩みの理由を例として上げましたが、100人いれば100通りの労働環境と人間関係があるわけで、会社に行きたくない理由を一括りにするのは難しいでしょう。

しかし、例えば「会社に行きたくない理由をはっきりさせて、直接的なアプローチをかける」や「転職エージェントに登録してみて、自分の市場価値を確認する」など、汎用性のある課題解決方法は存在します。

それぞれ細かく説明していきましょう。

1. どうして会社に行きたくないかをはっきりさせて、直接的なアプローチをかける

会社に行きたくない悩みを解決する方法その1は「どうして会社に行きたくないかをはっきりさせて、直接的なアプローチをかける」です。

会社に行きたくない理由はあなたの問題なのか、会社の問題なのか、人の問題なのか。

あなたがそもそも働きたくない人なのであれば、仕事を変えてもそのストレスはつきまとってくるものです。会社の問題であれば、転職によってあなたの悩みは解決するはず。また、人の問題であれば、部署移動などの配置換えで解決できる場合もあります。

あなたの問題の場合

筆者もそうですけれど、そもそも働くこと自体が嫌いな人は少なくないのではないでしょうか

実際に働くこと自体が嫌いとなると、会社に行きたくないというよりも、会社務め自体がむいていない場合があります。

その場合、個人でインターネットメディア(ブログとか)を運営してみたり、物販を初めてみたり、会社をいつでもやめられるための副収入を得る準備をしましょう。

会社の問題の場合

労働に見合った給与が支払われなかったり、やりたい仕事とは異なる仕事をしなくてはいけなかったり、会社自体との相性が悪くて会社に行きたくない人もいますよね。

その場合は、転職活動を始めましょう。実際に転職すると決めていなくても、転職活動をして会社の外の世界を知ることで、逆に今の会社の良さに気付く場合もあるでしょう。

人間関係の問題の場合

上司と折り合いがつかなかったり、同僚との人間関係が悪くて会社に行きたくない場合は、人事部に相談してみると良いでしょう。

そこで取り合ってもらえなかったり、さらに人間関係が悪化するようであれば、これは「会社の問題」になりますね。

このように課題に対する直接的なアプローチをかけることで、会社に行きたくない状態を解決するきっかけを作れます。

2. とりあえず転職エージェントに登録してみる

会社に行きたくない場合は、とりあえず「リクルートエージェント」や「doda」のような転職エージェントに登録してみるのも手です。

転職のプロにあなたの仕事や会社に対する希望を聞いてもらうことで、あなたの理想の職場を探すことができるかもしれません。また、外部の人の声を聞くことで、今の職場の良い点などを見つけられる場合もあるでしょう。

3. 長期休暇を申請してみる

涙が出るほど会社に行きたくないとなると、一度会社や仕事のことを忘れてリフレッシュする必要もあるでしょう。

有給が余っていたり、会社の制度を使えるのであれば、長期休暇を申請し、しばらくのんびりしてみることで悩みが解決する場合もあります。

会社に行きたくない理由と解消方法まとめ

「会社に行きたくない」というのは、多くの人に共通する悩みです。しかし、会社に行きたくない原因や理由は人によって様々。

「これって甘えなのかな」などと悩んで動かない状態では、疲弊するばかり。

具体的な解決方法をまずは試してみてはいかがでしょうか。

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら