仕事終わりや休日を有効活用!在宅でおすすめの副業は?

最終更新日: 2019/02/13 15:39

今以上の収入がほしい方必見!現在の収入では物足りないという方は、在宅の副業がオススメです。

仕事終わりや休日で、外に出ることなく、お金を稼げます。また、努力と工夫次第では、本業と同じくらい稼ぐことも可能です。

また最近では、PCだけでなくスマホでできる副業も増えてきています。

この記事では、在宅でおすすめの副業を5つ紹介しています。スケジュールや必要なスキル、必要な道具もあわせてまとめているので、スキルや環境に合った副業を探せます。

現在副業を検討している方は、参考にしていただければ幸いです。

在宅でおすすめの副業5選

在宅でおすすめの副業5選は、

  • ライティング
  • フリマアプリ
  • 試験答案の採点
  • オンライン英会話教師
  • アンケートモニター

です。以下でそれぞれの副業について詳しく紹介していきます。

ライティング

ペンを持つ手の画像
スケジュール期日を守れば自由
必要なスキル文章力
必要な道具PC

ライティングは、在宅中にクラウドソーシングのサイトを通じて依頼を受け、依頼に合わせてWEB記事を書く副業です。文章を書くためのライティング力、知識が必要不可欠です。

自分の知らない分野についての記事を書くときは、情報収集などの文章を書く以外の労力が必要となります。

相場は、記事1本につき500〜1000円で、記事を書けば書くほど稼げます。

おすすめのクラウドソーシングサイト

ランサーズ
クラウドワークス

フリマアプリ

値段交渉する人たちの画像
スケジュール完全自由
必要なスキル特になし
必要な道具スマホ・PC

フリマアプリを通して、自分の不要なものを売ってお金を稼ぐ副業です。自分のいらないものを手放せ、さらにお金を稼ぐこともできるので一石二鳥な在宅でできる副業です。

出品物を効率よく売るためには、魅力的な出品物の写真や、購入者との誠実なやりとりが必須です。人気の出品者になれば、リピーターも獲得でき、安定した収入を得られます。

おすすめのフリマアプリ

メルカリ
ラクマ

試験答案の採点

テスト答案用紙の画像
スケジュール期日を守れば自由
必要なスキルある程度の学力
必要な道具特になし

試験答案の採点は、生徒から郵送されてきた試験答案を採点する副業です。試験の内容は小学生〜高校生と幅広いですが、専門的な知識が問われることはほとんどありません。

期日を守ることだけに気をつけていれば、自分のスケジュールに合わせて在宅中に副業できます

オンライン英会話教師

英会話をする女性の画像
スケジュール固定
必要なスキル英語力
必要な道具PC

英語が得意な人におすすめしたい副業です。SkypeなどのSNSを利用して、オンライン上で英語を生徒に教える副業です。パソコンがあればどこでもできるので、在宅で行うことが可能です。

レッスンの時間が決まっているので、完璧に自分の好きな時間に副業ができるわけではありませんが、在宅で時給1000円ほど稼げます。ただ、生徒によってカリキュラムを用意したりなど、レッスン外でもある程度の作業が求められます。

おすすめのオンライン英会話講師の求人

在宅英会話講師(DMM英会話)
トークモアの講師募集

英語を活かせる在宅ワークはまだある!

英語力を活かしたいなら、オンライン英会話講師以外にも在宅でできる副業があります!こちらの記事も参考にしてください。

英語を活かせるオススメの【在宅】アルバイト3選!

アンケートモニター

寝転んでスマホを触る女性の画像
スケジュール完全自由
必要なスキル特になし
必要な道具スマホ・PC

企業やアンケートモニターサイトに会員登録して、送られてくるアンケートに答えるだけの副業です。単価は高くなく、月に頑張って1万円稼げるぐらいですが、暇な時に頭を使わないでアンケートに答えるだけでいいのが魅力です。

「在宅で楽して、お小遣い程度稼げればいい」という方にアンケートモニターの副業はおすすめです。

おすすめのアンケートモニターサイト

リサーチパネル
ライフメディア

在宅でスマホだけでできる副業

「在宅で副業したいけどパソコンはない…」という方はこちらの記事でスマホでもできる副業を見つけてください。月に10万円稼ぐことも可能かも!

【月10万円】スマホでできるおすすめの副業3選

まとめ

在宅でおすすめの副業を5つ紹介しました。スマホやPCがあれば、特別なスキルなしで始められるものもあります。仕事終わりや休日などの暇な時間を上手に活用して、新たな収入源を手に入れましょう。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら