ゲーマー必見!ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ5つの方法

最終更新日: 2019/03/22 15:33
テレビゲームで遊ぶ.jpeg

ゲーム好きのみなさん、ゲームを仕事にして生活することができたら最高ですよね。24時間365日ゲームをして、ゲームのことを考えていられるのです。

ゲームは趣味の1つだと捉えられることが多いので、こんな夢のような話があるわけないと思うかもしれませんが、実はゲームを仕事にしてお金を稼ぐ方法がいくつかあるのです!

今回は、ゲームをすることを仕事にしたいゲーマー向けに、ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ方法を5つ紹介します。企画、ライティング、実況など必要なスキルは様々なので、自分にあったものを見つけていただければ幸いです。

ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ方法5選

ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ方法は以下の5つです。

  • ゲーム制作会社に就職する
  • ゲーム攻略サイトを運営している会社で働く
  • 個人でゲーム攻略のブロクやサイトを立ち上げる
  • ゲーム実況をする
  • プロゲーマーを目指す

ゲーム制作会社に就職する

ゲームを仕事にすると聞いて、多くの人が1番最初に思いつくのがゲーム制作会社への就職だと思います。実際、ゲーム制作会社には、誰もが一度は名前を聞いたことがあるような任天堂カプコンなどから、スマートフォン用ゲームで人気を博したガンホーまでたくさんの会社があります。

ゲーム制作会社では、ゲームの開発や企画に関わる仕事がメインです。そのため、ゲーム制作会社への就職は、ただゲームをするだけでなく、ゲームを企画したり、開発することにも興味があるという人におすすめです。

ゲーム攻略サイトを運営している会社で働く

ゲーム攻略サイトを運営している企業で働くことで、ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ事ができます。近年では、ゲーム攻略サイトを会社単位で運営しているケースが多く、実際にGameWithやGame8のような企業に就職すれば、ゲーム攻略サイトの運営に携われるでしょう。

業務内容は、ライターとしてゲームの攻略記事を書くことがメインとなり、ゲームをやり込んでいればいるほど企業からも評価されます。また、最初はアルバイトとしてライター業務を行うことになりますが、正社員登用されることもあるので、就職先を探しているゲーマーの人にはオススメです。

個人でゲーム攻略のブロクやサイトを立ち上げる

個人でゲーム攻略のブログやサイトを立ち上げることでもお金を稼ぐことができます。こちらも、ゲームライターとしての活動となるため、ゲーム攻略サイトを運営している会社でのライター業務と仕事内容は変わりません。

ただ会社に就職するのと違い、サイトの作り方や記事の書き方など、自分で学ぶ必要があり、さらに収入が不安定です。最初から本業ではなく、副業として始めるのをおすすめします。

ゲーム実況をする

ゲーム実況では、ゲームをプレイした様子を動画で撮影し、Youtubeなどの動画配信サイトにアップロードするだけでお金を稼ぐことができます。ゲーム実況のメリットは、個人のゲームライター同様、副業として始められることです。

また、ゲームライターと違いライティング技術も必要ないので、手軽に始める事ができます

プロゲーマーを目指す

プロゲーマーとは、ゲーム大会での賞金の獲得やスポンサーからのスポンサー料を貰って活動するプロのゲーマーです。プロゲーマーは、大会で優勝したりスポンサーがつくことによって、スポーツ選手と同じくらいのお金を稼げます。

また、プロのゲーマーとして活躍できれば、ゲームを本業にでき、いわゆるお金持ちも夢ではありません。

まとめ

ゲームをやる人.jpeg

いかがでしたでしょうか。今回は、ゲームをすることを仕事にしたいゲーマーの人向けに、ゲームを仕事にしてお金を稼ぐ方法を5つ紹介しました。

ゲームでお金を稼ぐと行ってもゲーム制作や記事ライティング、実況など様々な方法があり、難易度も変わってくるので、自分の興味があるものにぜひ挑戦してみてください。

この記事が、ゲームを仕事にしてお金を稼ぎたいと考えている人達の役に立てれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら