【副業するサラリーマンヘ】確定申告書の書き方徹底解説!

最終更新日: 2019/02/13 15:39
確定申告.jpeg

「副業しているけど、確定申告ってどうやるの?」「そもそも確定申告ってしなければいけないの?」

このように、確定申告は副業をしている人にとって悩みの種だと思います。特に、サラリーマンは、ほとんどの場合会社が税の申告をしてくれているので、いきなり確定申告を自分でやるとなると、自分が対象者であるのかもやり方もわからないでしょう。

今回は、副業をしているサラリーマンに向けて、確定申告が必要な人はどういう人か、また確定申告が必要な場合の確定申告書の書き方を紹介します。

確定申告に関して疑問がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

副業で確定申告が必要なのはどんな人?

副業で確定申告が必要な人は以下の2パターンです。

給与と所得の違いに注意が必要です。言葉の違いがわからない方はこちらの記事も参考にしてください。

年収とは?額面、手取り、所得の違いを徹底解説!

副業のバイトやパート先で20万円以上の「給与」をもらっている人

国税庁によると、確定申告をしなければいけない人は「2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人」とされています。

サラリーマンで、副業としてバイトやパートをしていて、かつ年間20万円以上の給与をもらっている人は確定申告をしなくてはいけません。

株やFX、ブログを副業にしていて、20万円以上の「所得」を得ている人

バイトやパートなどのように、企業などに務めるのではなく、株やFX、ブログなどを副業にして年間20万円以上の所得を得ている人も確定申告をしなくてはいけません。

国税庁によると、「1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人」は確定申告をする必要があるからです。

バイトやパートを副業にする場合は給与が基準になるのに対して、バイトやパートを副業にする場株やFX、ブログを副業にしている場合には、実際に副業で稼いだ分の収入金額から、必要経費を引いた所得額が20万円を超えている場合だけに確定申告をする必要があります。

副業している人の確定申告書の書き方

実際に副業をしている方の確定申告書(第一表)の書き方を手順ごとに解説していきます。

手順1 確定申告書類を準備する

確定申告書を作成するにあたり必要なのは、主に以下の3つです。

  1. 源泉徴収票(本業分と副業分)
  2. 確定申告書A
  3. 確定申告書B

上記以外にも、地震保険料控除などの関係書類が必要になることもありますので、個人で確認してください。

手順2 確定申告書A、Bそれぞれに収入金額、所得金額を書く

確定申告書A、Bに収入金額と所得金額を記載する必要があります。

確定申告書A

確定申告書Aの収入金額には、本業と副業(バイトやパート)の給与額の合計を書きます。そして所得金額には、収入金額から給与所得控除額を差し引いた額の記載が必要です。

確定申告書Aの給与所得の計算に関しては、こちらの国税庁のホームページを参考にしてください。
国税庁 給与所得控除

確定申告書B

確定申告書Bの収入金額には、確定申告書Aで書いた収入金額以外に副業で得た収入額を記載します。具体的には、株の配当場合は譲渡収入、FX、ブログの場合は雑収入などです。

また、確定申告書Bの所得金額には上記の収入を得るのにかかった、必要経費を収入金額から差し引いた金額を記入します。

手順3 所得から差し引かれる金額を記入する

確定申告書A、Bともに、所得から差し引かれる金額を記入します。具体的には、社会保険料控除や扶養控除などで、副業をしているしていないに関係なく、控除項目がある人は書きます。

手順4 税金の計算をする

まずは、確定申告書A、Bでそれぞれ記載した所得金額から、所得から差し引かれる金額を引いた差引金額を出します。

計算式に表すと、所得金額−所得から差し引かれる金額=差し引き金額です。

最後に、差し引き金額に税率をかけて、課税額を出します。課税額の出し方は、こちらの国税庁のホームページを参考にしてください。
国税庁 所得税の税率

まとめ

ビジネスマンと家と計算機.jpeg

いかがでしたでしょうか。今回は、副業をしているサラリーマンに向けて、確定申告が必要なのかどうか、また確定申告が必要な場合の確定申告の書き方を紹介しました。

副業をしている方は、まずは、副業で稼いだ収入と所得が20万円を超えているか超えていないかを確認することが大切です。また、確定申告が必要な場合には、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら